<株について2>


株主とは

会社に出資した人は、出資した額に応じて株式を会社から発行してもらえます。その株式を所有する人を「株主」と呼びます。その株式が株式市場に売りに出されると、それを購入した人が新たな株主となる仕組みです。出資者はいわば会社のオーナーなので、株主には出資した範囲内で会社に対して会社にいろいろなことを要求する権利を持っており、その権利のことを「株主権」といいます。

株主の権利として、まず会社が上げた利益から配当金を受け取ることが可能です。その他にも持ち株の数によっては最近注目が高まっている株主優待を受け取ることもできるようになります。またさらに株主は、株主総会に出席することで、会社の経営に参加することも可能になります。とはいえ、株主総会に参加するには最低限必要な株数が定められており、総会での発言力もその株式の保有数によって変わってきます。また、会社が倒産、解散した際にも残った財産の分配を受ける権利も株主権に含まれます。

会社の経営に関わるのではなく、株の売買で利益を得ることが目的の場合は、これらの権利を享受する前に株価が上がったタイミングによって株式市場で株を売ることで購入した価格との差額分の売買益を得ることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする