世の中には「投資」と「投機」という二つの考え方

世の中には「投資」と「投機」という二つの考え方

世の中には「投資」と「投機」という二つの考え方がありますが、「投機」に着目するのであれば何と言っても仮想通貨ですよね。以前までは株式にレバレッジをかけて大きく勝負をすることの出来たFXという投機商品もありましたが、お上の目も厳しくなってしまってうま味は以前ほどあるわけではありません。それに、株式投資はコンピューターのプログラミングされたソフトの売買と戦わなければならないため、中長期投資はともかく短期売買では勝つことはかなり難しくなっています。しかし、仮想通貨であれば短期売買でも勝てる可能性は高いんですよね。

何故なら、まだまだ仮想通貨の値動きに対応したコンピューターが少ないからです。もちろん、今後は投機商品として一層の注目を集めるようになることは間違いありませんので、時間が経てば経つほどそれに対応したコンピューターが出ることは間違いありませんが。ですので、大きく勝ちやすいタイミングは今しか無かったりするんですよ。

それでは、何故仮想通貨が投機に適しているのでしょうか。それはボラティリティが非常に大きいからです。株式で一日に10%も上下すれば、それはもはや異常状態です。しかし、仮想通貨であればそのような値動きは珍しくも何ともありません。そのため、一日に何度も買いの局面が訪れ、一日に何度も売りの局面が訪れるのです。もちろん全てが上手く行くかは分かりませんが、美味いこと資金をスイングさせることが出来れば大きく増やすことも可能です。もっとも、中長期的に見れば上昇していく可能性も十二分にありますので、買って放置という手もありますけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする