中央銀行の金融政策とは?

為替市場に大きな影響を与える 中央銀行の金融政策とは?

米国FRB、ヨーロッパ中央銀行(ECB)、日本銀 行など各国・地域には中央銀行があり、それぞれ の通貨を印刷・流通させています。中央銀行が 短期金利を決める会合は為替市場でも大きな注目を浴びます。米FOMC(連邦公開市場委員会) や日銀金融政策決定会合がそれにあたります。

「トレンドで買いか売りかを決め、変動幅を目安に利益確定する」
為替レートは半年や1年といっいって、為替レートの方向性が180度転換することもありま た長い期間で見ると、上か下か横ばいです。そこで重要になるのが、取引が横ばいか、3つの方向性のいずれか で進んでいくことが多く、その方する通貨ペアが過去に値動きした 向性を「トレンド」といいます。

「変動幅(レンジ)」です。 「FXで利益を上げる極意は上昇過去の変動幅を目安に トレンドの通貨ペアを買うこと、利益確定ポイントを決める もしくは、下降トレンドの通貨べ アを売ることです。今あるトレンドに沿った売買を行なう「トレンドフォロー」が、FXでは唯一無
まで約8円の値幅の中で値動きし の基本戦略になるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする