値動きの変動幅から利益を上げる発想とは

値動きの変動幅から利益を上げる発想とは

いかにトレンドフォローが大事といっても、1つのトレンドの始まりから終わりまで 全部を利益にするのは至難のワザです。そこで、チャートを使ってトレンド でどれぐらいの値幅の上下動が起こっているかを観察。その値幅の中に複数の IFD 注文を仕かけ、小さな利益をこつこつ積み上げていくのが自動売買の発想 です。安値から高値までという“点”を狙うのではなく、トレンド継続中に起こる値動き全体を“面”でとらえ、そこから利益を上げていくのです。

英ポンドは同じ欧州圏のため、 基本的にユーロと似た値動きをし ます。1970年代には1英ポン ド800円台だった英ポンドは値 動きの激しさが大きな特徴です。 オーストラリアの主要産業は鉄 鉱石や天然ガスなど鉱業や農業で 「最大の輸出先が中国であることから、豪ドルの値動きは中国経 済の動向に大きな影響を受けます。また、先進国の中では非常に高金利な通貨としても有名です。

はじめとした新興国経済に対する依存度加高、為替法酪農製品入札価格に連動する傾向があります。豪ドル以上に高金利通貨です。
豪ドル、NZドルはともに3大通貨に比べて取引高が少なく、金融危機などパニックが起こると暴落しやすい面があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする