大切なのは損をしたときの対処方法

大切なのは損をしたときの対処方法です。予想に反してFXで損をしてしまったときこれ以上損失が拡大しないように損失を確定する損切りをきちんとしないといけません。

損切りをする事はとても悔しいことです。しかし損切りの悔しさや執着心未練を振り払ってこそ新しい気分で再びまたFXを始めることができます。

いくらも儲かったら利益確定、そしていくら損したら損切り、どういった基本ルールを決めそのルールを機械的に守ることこそがFX相場で長生きできることです。

一攫千金たちまち一億円、ビッグツモロウ、といった甘い言葉に惑わされずに開くに冷静に柔軟に感情役場を無視した投資を行うようにしたいものです。

損切りとは、あなたが持ったドル円のポジションで、含み損が生じている時に、ポジションを決済して、損失額を確定させることです。
損切りは、利益ではなく損失を確定させる行動なので、当然イヤなものです。まぐれで勝って短期間だけチヤホヤされたいというなら別ですが、長く安定して勝ち続けることです。これが大事なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする