相場変動の仕組み

相場変動の仕組みについて説明します。FXで利益を上げる秘訣は安く買って高く売る事ですまたは高くて安く買い戻すことです。

そのためには、為替レートの値動きを自分なりに予想することが大事です。相場変動の仕組みを頭に入れないといけません。通貨の価値はどのように決まるのかと言うと投資家がどちらを欲しがっているか、ということが1番の理由です需要があり人気のある通貨ほど値上がりしやすいといえます。相場変動は実体経済とあじきり密接な関係にあり、経済が好調の国の通貨が上昇しやすくなります。ただ取引するのは国ではなくて投資家なので投資家がどのような気分考えを持っているかが実は重要です。為替レートの過去の値動きをもとに、今後はこのように動くだろうと予測することをテクニカル分析といいますFXでは、テクニカル指標が発する売買シグナルを参考にして取引をしていきます。

為替レートは2つの通貨の交換比率のことです。2つの組み合わせを通過平といいます。アメリカドル/円等の形で表すことができます。円をドルに両替するときはアメリカドル/円買い、反対にドルを円に両替する時はアメリカドル/円売りと表現します。値動きの原動力になるのは投資家の需要と供給です。ドルを買いたい人4円を売りたいと言う人が増えれば、アメリカドル/円は上昇して円安が進行してきます。ドルを売りたい人、円を買いたい人が増えれば、アメリカドル/円=下落し円高が進みます。どちらの通貨に需要があるのかどちら通貨が人気が高いのかがFXでは重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする