チャートの理解~トレンドラインについて

チャートは、売買のタイミングを考える上で非常に重要な存在です。
日々の細かいローソク足に一喜一憂するのではなく、チャートから読むべき最も大切なものは『トレンド』です。
株の動きには上昇トレンド、下降トレンド、横ばいになるもみ合いトレンドの3つがありますが、上昇トレンドとなっているタイミングで売買することが勝利の秘訣ともいえるでしょう。
そういったトレンドをつかまえるためには「トレンドライン」を使いこなすことがカギとなります。
「トレンドライン」は名前の通り、トレンドを把握するための補助線です。
非常にシンプルな方法ですが、売買のタイミングを掴む上でとても有効な方法のひとつです。
チャートを見ていると「この株はこの流れに沿って上昇しているようだ」「細かく上下しているように見られるが、全体で見ると横ばいになっている」などと感じられる大きな方向性を感じることがあるでしょう。そのように感じたまま、見たままにチャートに補助線を引けば、それがトレンドラインとなります。
ざっくりと大きな流れを把握するのがトレンドラインの目的なので、チャートの細かい点と点を結ぶのではなく、雰囲気を掴むように大きな線を引くのがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする