トレードブログ(チャートの理解)

トレンドラインについて⑸

株価が何度もそのトレンドラインに沿って跳ね返されているような、下値支持線としての有効性が高いトレンドラインを引くことができたなら、そのラインに沿って売買してみましょう。
「トレンドラインまで下落したら買い、株価が上昇してトレンドラインからある程度離れたら売り」というように売り買いを繰り返すのも戦略のひとつですし、「株価がトレンドラインに沿って動いている限りは多少の下落につられずに保有を続ける」というのも戦略です。

しかし、株価がトレンドラインを確実に割り込んでしまったら保有株を売りに出す判断することが重要です。自分の立てた戦略から「上昇トレンドは崩れた」と判断することが資産を守るカギとなります。
株価が下降トレンドの場合には、基本的にその株の買いはしばらく控えるのがいいでしょう。とはいえ、下降トレンドが続いていた株が高値同士を繋げた上値支持線となるトレンドラインを確実に上に突破する動きとなったら、これまでの下降トレンドが終わって上昇転換の起点となる可能性もあり、その場合は押し目買いのチャンスとなります。

トレンドラインによるトレンドの変換予測はあくまで目安で、判断は感覚に頼る部分が大きいため多くのトレンドラインを引いてみて練習や経験を積むことで判断のコツがつかめるようになってゆきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする