取扱通貨

画像はネムです。

Bitcoin含めた、仮想通貨には種類があります。例えば仮想通貨の代表格「ビットコイン」をはじめ、仮想通貨市場第2位の「イーサリアム(ETH)」など、世界中で盛んに取引されているたくさんの種類の仮想通貨があります。それぞれ取り扱い通貨が異なります。

ビットコインの利便性や価値はこれからますます高まると見込まれます。そのため、ビットコインは投資の対象としても注目されています。2017年には、年明け1ビットコイン=約12万円でしたが、12月には1ビットコイン約222万円と20倍近く上昇しました(国内取引所A社での取引価格)。
株やFXとちがって24時間365日※いつでも取引ができるので、ライフスタイルに合わせていつでもトレードができるのも魅力的なポイントです。
ビットコインの単位は「BTC」。「1円」「1ドル」というように、「1BTC」と表記します。また、取引においては0.001ビットコインのように小さい単位で行えるため、少額の資金で投資が可能となっています。

その種類ですが、

Bitcoin (ビットコイン)
Ethereum (イーサリアム)
Bitcoin Cash (ビットコインキャッシュ)
Ripple (リップル)
NEM(ネム)
Litecoin(ライトコイン)
DASH(ダッシュ)
Monero(モネロ)
Ether Classic(イーサリアムクラシック)
Lisk(リスク)
Zcash(ジーキャッシュ)
MONAcoin(モナコイン)
Factom(ファクトム)
COMSA(コムサ)

があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする